« 解禁の声を聞きながら | トップページ | ラディカルさ »

ドリーマースティック

昨日イシグロで買った渓流ルアー用ロッド。

フィールドハンターというメーカーの、ドリーマースティック。”DS55L”だっけ?そんな品番が付いてた。

硬さがちょうどいい。赤と黄色があって、なんとアクションが違うのだ。赤の方がややファストテーパーで、黄色が胴に入るレギュラーテーパー。もちろん自分の好みは後者なので、先輩には後者を進める。

最初に使うのは、やはり投げやすいレギュラーテーパーがいいだろう。

弘法筆を選ばず、なんて言葉があるが、この場合、筆というのはサオのことだ。

すなわち、うまい人はどんなサオを使ってもそれなりに釣り上げるものだ、という意味。

それなら現在のこの乱立するロッドの数はなんだろう。用途に合わせて、また釣法に合わせて、様々なクラス、グレードのサオが存在する。しかも結構な値札を貼られて。

そしてそれらはまるで唯一無二の存在のように語られる。このロッドだから出来る釣り方がある、とか、このロッドだから獲れた魚、だとか。

なんだかおかしくないだろうか?エキスパートな釣り人になればなるほど、弘法筆を選ばず、という言葉が当て嵌まるはずだ、むしろ初心者ほど、道具を選んでそのスキルのなさを補うのが筋だろう。

さて、前置きが長くなってしまったが、先輩もこのロッドに満足していた様子。自分も、最近の流行りである硬めのロッドというのを若干意識していたので、このセレクトが現段階ではベストだという自負があった。またすこし派手目なのもポイントだ。

新古品なのでお買い得でもあったこのロッド、きっと五月の新緑の季節に映えることだろう(なんとメーカーのHPもないので画像を載せることが出来ません、あしからず)。

|

« 解禁の声を聞きながら | トップページ | ラディカルさ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529028/44252468

この記事へのトラックバック一覧です: ドリーマースティック:

« 解禁の声を聞きながら | トップページ | ラディカルさ »